ロレックス・ROLEXのどこが凄いのか 偉大な三大発明

ロレックス・ROLEXの一体どこが優れているのでしょうか。まさに、ロレックス・ROLEXには、歴史がそなわり、その歴史が凄いのです。

ロレックス・ROLEXの歴史

ロレックス・ROLEXは、1905年にロンドンで時計商社として誕生しました。

その後、時計関税が高額だから、スイスに拠点を移動させて、製造業として成長していくことになります。

ロレックス・ROLEXの商標登録は1908年です。1915年には、ロレックス・ROLEXは、「ロレックス・ウォッチカンパニー」に社名が変更されることになります。

ハンス・ウィルスドルフは、ロレックス・ROLEXの創業者ですが、最初は、マニュファクチュールではなかったようですね。

別ブランドとしてチュードル(Tudor)を展開し、ケースはロレックス・ROLEXであっても、ムーメントは、ETA社製という作りであって現在のロレックス・ROLEXの高級時計よりも安い価格で購入することが出来ました。

ロレックス・ROLEXには三大発明がある

ロレックス・ROLEXの何が凄いのかといえば、何よりもやっぱり三大発明にあるのではないでしょうか。

ロレックス・ROLEXの三大発明は、オイスターケースであり、牡蠣のように固く閉ざされた防水性の高いケースのことです。

そして、 パーぺチュアル、 身に着けていれば永遠止まらないという自動巻機構に魅了されている人たちが多いことでしょう。

更に、ロレックス・ROLEXの発明は、午前0時付近で日付が変わるディスク式日付表示機構のデイトジャストです。

このような機能の備わるロレックス・ROLEXは、まさに完全無敵であり、このようなロレックス・ROLEXを身に付けているから出来るビジネスマンになることが出来るのではないでしょうか。

ロレックス・ROLEXが愛されている理由

ロレックス・ROLEXが世界の人たちから愛されている理由は、流行に流されない安心感ではないでしょうか。

ロレックス・ROLEXには、一つのモデルに何度も改良を施す拘りがあります。そのようなものに「流行」は無関係と言っていいでしょう。

ロレックス・ROLEXは時代に流されない凄みがあります。

更に、時代が認めてきた歴史の積み重ねによるステイタスに、多くの人たちが安堵感を求めているのです。そこには、かつ高い資産価値があり、実用的な時計だという位置づけがあります。

ロレックス・ROLEXという高級時計が、いかに大事に時間の中を生きて来たかということがわかります。