運転免許取得はやっぱり必須!

いま、若い人たちは、運転免許取得しないというモチベーションが高まっています。本当に、運転免許取得しないでいいという時代が来るのでしょうか。

段々と、運転免許取得しないでも大丈夫という認識が高まれば、周囲の人たちが、免許取得しないから私も免許取得しないという暗黙の了解も生まれてしまうでしょう。

運転免許取得はムーチョで

運転免許は社会人になったときに必要

しかし、運転免許取得は、社会人になったときに必要になるかもしれないですよね。そのとき、あなたは合宿での運転免許取得を考えるかもしれないですが、免許取得する時間がありませんよね。

合宿での運転免許取得はスピーディーに免許取得できる方法です。サラリーマンの方々も合宿免許で免許取得しようというモチベーションが生まれるかもしれませんが、合宿免許だって二週間程度期間がかかってしまうのです。

サラリーマンは、休暇を取ることができたとしても、なかなか2週間は難しいのかもしれないですよね。

ですから、やっぱり今、運転免許取得必要ないと考えるものの、とりあえずは免許取得しておくべきものかもしれません。

免許ハラスメントの被害も

サラリーマンとして仕事をしている人たちは、同年齢の人たちだけでなく、タテの社会の構成になじむ必要があります。

上司ともうまく接しないことには、できるサラリーマンにはなることができないでしょう。

社会に入れば、上司たちはクルマ好きの人たちが多く、運転免許取得は絶対に必要という姿勢でいる人たちが多いです。

いま、サラリーマンの方々に、セクハラ、パワハラ問題など多く浮上していますが、免許ハラスメントという事態も起きています。

免許取得ハラスメントとはどのようなことを言うのかだいたいは想像がつくのではないでしょうか。免許取得ハラスメントとは、私は運転免許を持っていないというだけで、露わに怪訝な顔されたり、嫌がらせ行為の被害を受けてしまうことを言います。

私は運転免許取得したくないという言い分は同年齢の人たちにはいくらでも言ってもいいことだと思いますが、上司にそんな言い分を言い、たてつけば、お前それでも男か?、クルマは男のロマンだ!!クルマ嫌いじゃ女の子にはモテない、オレタチの世代はクルマでよくデートしたものだ。クルマでナンパもした……など、どんどんハラスメントを受けてしまうことでしょう。

それに対して、若い人たちは言い訳もできるかもしれませんが、社会では、上司にそれ以上刃向かうことは許されていなのです。

そのときには、あなたも若いときに運転免許取得しておけば良かったと思うことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です