Menu

母の日・Mothers’ Dayをもっと深く掘り下げる

 

母の日・Mothers’ Daあなたはこの日どのような思いで過ごしていらっしゃることでしょう。日本において母の日・Mothers’ Dayは、5月の第二日曜日です。それはアメリカにおいての流れに従ったものとされていますが、そうでない時期もあったようですね。

日本では 明治末期頃に段々と母の日・Mothers’ Dayが浸透するようになって来ました。

1937年(昭和12年)に森永製菓が告知したとも言われています。

母の日・Mothers’ Dayとは

1937年(昭和12年)に森永製菓が告知して全国に広まったというので、ここでも、企業が商業的に活用した意図はあったのかもしれないですよね。

最初、母の日・Mothers’ Dayは、 5月の第二日曜日ではなく、 皇后の誕生日であった3月6日が母の日でした。

日本での母の日・Mothers’ Dayは、「大日本連合婦人会」を結成したのを機会として、 香淳皇后の誕生日だったということです。

皇后の誕生日の旧称のことを「地久節」といい、その日にあたります。

母の日・Mothers’ Dayが、しっかり過去日本において、地久節とリンクしていたということで、地久節というキーワードもしっかり留めるべきでしょう。実際に地久節という言葉を多くの人たちが知っている訳ではありません。

「大日本連合婦人会」とも関与しているのが、母の日・Mothers’ Dayです。

地久節とは、 第二次世界大戦までの祝日だったのですね。ただし、ここで祝日という言葉を使用するものの、天皇誕生日(天長節)とは違い、 国の祝祭日として勅令で定められたものではありませんが、祝いの儀式がいろいろな場所で行われていたということです。

1931年(昭和6年)の大日本連合婦人会の結成とともに、地久節が母の日に定められることになります。

大日本連合婦人会

大日本連合婦人会は、どのような会なのでしょうか。大日本連合婦人会は、、戦前の文部省系の女性の団体であり、 学校教育への理解や家庭教育の振興を掲げ、全国規模で展開したと伝えられています。

昭和のファシズムと第2次大戦が日本を変え、女性をふるいたたせたとも言えるのかもしれません。明治時代には、愛国婦人会というものも既にありました。それは、20歳以上の女性全体で組織され,戦時中の翼賛政治を支える力です。

翼賛政治を支える力のもと、大日本連合婦人会があり、 その上に、地久節があり、母の日・Mothers’ Dayが存在しているということは、日本において母の日・Mothers’ Dayは、日本を守る強いお母さんのパワーを感じます。

ただし、それが日本が一人勝ちすればいい強いパワーだとすれば、本来、母の日・Mothers’ Dayの根底に存在している人類平和の意味からちょっとかけ離れていたような感じもします。

日本人は、母の日・Mothers’ Dayを、戦うことが出来る強いお母さんという意味で持ち上げられたのかもしれません。

母の日・Mothers’ Dayプレゼントという理解

しかし、母の日・Mothers’ Dayは、今度は、森永製菓の大々的広告戦略で広まることになり、母の日・Mothers’ Dayプレゼントという認識がどんどん広まっていくことになります。

それもなんだか本来の母の日・Mothers’ Dayのイメージとは違う感じがあります。