Menu

母の日・Mothers’ Dayも祝日にして欲しい……

 

なんで母の日・Mothers’ Dayって祝日ではないのでしょうか。母の日・Mothers’ Dayが祝日ならみなさんは、もっとお母さんを感謝しようとうモチベーションを持つことでしょう。

それはそれでいいことだと思いますが。

いや、祝日にすれば、逆みなさんバカンスに遊びほうけてしまい、お母さんを感謝する気持ちなど薄れてしまうかもしれないですよね。

母の日・Mothers’ Dayは祝日ではない

はっきりとした回答ではありませんが、アメリカがそれをしていないから、日本でもそれをしていないのです。アメリカのコバンザメ国家日本としては、それがはっきりとした回答なのではないでしょうか。

母の日・Mothers’ Dayが祝日になるのなら、 バレンタインデーやホワイトデーも祝日にしなければならないでしょう。兎に角、母の日・Mothers’ Dayも、バレンタインデーやホワイトデーと似て、商業的戦略によって、段々と知名度が高くなったようなところがあり、もともと大したイベントではなかったともいうことが出来ます。

そのような意味でも、やっぱり母の日・Mothers’ Dayプレゼントなしというのでは、ちょっと寂しい感じがどうしてもありますよね。

母の日・Mothers’ Dayは、プレゼントとともに成長してイベントであり、バレンタインデーに、プレゼントなしはあり得ない……というのと同じです。

祝日にしてと主張するあなた、そもそも、お母さんを感謝することはいちいちイベントにしないでも、当然しなければならないことではないでしょうか。

母の日・Mothers’ Dayとは

母の日・Mothers’ Dayは、日本では5月の第二日曜日ですが、 アメリカ・オーストラリア・トルコ・フィンランドと言った国々でも同じ日を設定しています。

母の日・Mothers’ Dayの由来は、今から100年ほど前、アメリカのアンナ・ジャービスという女性においてのストーリーが由来です。

アンナが、お母さんに対して追悼の意味で、教会でカーネーションを配ったことがキッカケと言われており、もう既にカーネーションの習慣もここからスタートしています。

教会で追悼をした日が、5月10日の日曜日だったということで、 それが5月の第二日曜日だったということで、現在に至っているようです。

アンナ・ジャービスのお母さんは「マザーズデイ・ワーク・クラブ」というボランティア団体を設立、平和を願って活動していた社会活動家でした。戦争により起こる分断をなんとかひとつにまとめようと頑張っていた一人です。

そのようなお母さんを称えた母の日・Mothers’ Dayは、いわば、お母さんの日というよりは、地球がひとつにまとまる平和の日という意味合いもとても強いです。

しかし、それであれば尚更、母の日・Mothers’ Dayが祝日であっていいと思うのですが。

日本においては、最初、母の日・Mothers’ Dayは、 当時の皇后の誕生日であった3月6日ということです。まさに、皇后が日本における母という意味合いだったのでしょう。

それでも天皇誕生日は、祝日なのだから、皇后誕生日も祝日であっていいと思うのですが、それはひとつの意見に過ぎないのでしょうか。